2018年4月19日木曜日

本場所前の「相撲茶屋さばねこ」

めずらしく酒をあまり呑まずに、会食だけの夜。

家に帰って一杯呑むかぁ、と「相撲茶屋さばねこ」前を歩いていたら
「おつかれさまでございます」
ここの看板おにいさんが暖簾をしまいながら、声をかけてきた。

ああ、もう看板の時間なんですね、と言ったら
「どうですか、一杯呑んでいきませんか」
と誘われ、お言葉に甘えてイン。
小松菜の煮びたしやスナップえんどう、
骨までやわらかく煮たいわしなどを次々に出されて
ついつい腰を落ち着ける。

有線でかかっていた曲の歌手について
みんなでああだこうだ話したりなどしつつ、すっかり満腹になった。

「相撲茶屋さばねこ」で
あんなにゆったりした時間を過ごすことができたのは、
今が本場所中ではないから。
「相撲茶屋さばねこ」は、本来の相撲茶屋でもあるけれど、
ちゃんこ番だった元おすもうさんのつくる
おいしいお料理を食べることができるお店でもあるんですよ。

2018年4月18日水曜日

野蒜は、ねんぶる

港の売店で見つけた、ふるい本。
もの静かな小学生のおんなのこが、好みそうな本。
いつか陽当たりのよい窓辺で読みたいと思っていながら
なかなかそんな優雅な日は来ず
おさななじみにさそわれて、田舎の新酒発表会へ。

ほんとうは、桜のお花見に合わせてのイベントなのであるが
花見より、新酒より、
あつまったみんなの持ち寄るごちそうが愉しみ。
終わりかけの桜が花吹雪となって
おさななじみのつくった春のごちそうや
新酒のグラスにもふりそそぐ。

おさななじみは、手づくりのごちそうのほかに
山のふもとのお店で、春の山菜料理も、たくさんたのんでくれていた。
野蒜の天ぷらがおいしかったが、
野蒜を「ねんぶる」と呼ぶのは、方言でなく
自分だけであったことに驚いた。

いいもんだねぇ、とにやにやしていたら
翌日の地元紙の一面に、そのまぬけな顔がばっちり、写っていた。
ああ・・・

2018年4月4日水曜日

へそまがり

春なのに、冬の曲ばかり聴いたり
東北へ向かう車中で、関西が舞台の本を読んでみたり
朝起きぬけに、ねまちに行くことばかり考えたり
へそまがりなことばかりしている、
ねむたい春の日。

2018年4月2日月曜日

ツラの皮が厚いということ

怒涛の連続旅のしめくくりは、
自分史上最北の地。

朝食のおにぎりだけでは足りず
車内販売のサンドイッチをねらうも、
無念の売り切れ。
到着までには、まだあと数時間。
そんなときに、このブックカバーは、罪であった。
ということで、禁じていた
朝シャンならぬ朝ワインを決めてしまった。

昼には
最近気に入っている陶器のアトリエにて
勧められるままに、地酒の新酒をいただいてしまった。
青いなまはげが持つ桶には
右手に持つ包丁で剥いだ、
なまけものの顔の皮を入れるらしい。
つまり
あの桶には私のツラの皮が・・・


へらへら酔っている間もなく
陶器の絵付けをしますよ!と言われたので、
酔いがまわる手前の状態で
妙な汗をかきながら、なんとか描いた。
焼きあがりは、来月。
昨年の仕事を終えた、なまはげの服は
アトリエの隣の神社で
おきつねさまたちが着ていた。
電信柱も、着ていた。




その地でお店をやっている友だちと
アトリエに送り迎えまでしてくだすった陶芸家と
おいしいパンや焼き菓子をつくる方とで、
めずらしい山菜や新酒をいただく。
いつも必ず二日酔いになる友だちの酒量が少なかったのは
翌日のお鮨のため。
つられて私の酒量もひかえめに。

翌日は行きたかった地へ連れていってもらい、
あこがれの版画家の作品を観たり
おいしいお鮨を唸りながらいただいたり
昼から新酒をいただいたり。

帰りの電車では、座ると同時に
ひとり宴会開始。


なまけものの厚い厚いツラの皮は、
もう薄くなったかしらん。

2018年3月29日木曜日

スナックで、カラオケで、花見

家が近所の友だちと、
家が近所の、別の友だちの働くスナックへ行った。
そこは「スナック女将」とよく似ていて
控えめできれいなママと
くるくるとよく動く、気さくで美人な友だちがいる。
そして
10何年まえに引退したけれど
10何年以上まえからずっと飲み友だちであるおじさんたちが
とにかくよく笑って、美声を響かせていた。

鶴田浩二やフランク永井の唄(本人映像)に交じって
気付けば桜の唄が多くなり
スナックで
カラオケで
花見をしている気分になった。



甘夏書店さんで絶賛開催中の
「本と遊ぶ ブックカバー・しおり展2018」は、
好評につきもう一週間延長します、とのお知らせが
つい先ほど来ました。
うれしい!

ちなみに
我が弁当ブックカバー&しおりは
残りあと、ひとつ。

2018年3月27日火曜日

隅田川テラスはもう春なのさ

気分よく、より道コースを歩く朝。
いつもの、ゆりかもめ集団は
グルーミング中。
徐々に距離を縮めていくと
なに見てんのさ、と身構えるので
気にしていませんよ、という顔をして通り過ぎる。
ずっと調子が悪かった鼻を診てもらったおかげで、
ひさしぶりに、もののにおいがくっきりして
朝のコーヒーが、ようやくおいしく感じる。
雑草のあまいにおいを、深く吸いこむ。
それだけで、朝のさんぽ道は愉しい。
通勤途中に足をとめて、桜に見入るスーツ姿のおじさんや
桜の蜜を吸いに来たむくどりに、パンくずを投げるまじめそうなおじさん。
兜町から銀座の手前あたりのおじさんたちを見て
春が来たのだな、としみじみ思う快晴の朝。

既につつじや、つゆ草まで咲いているところも、あるのです。

2018年3月22日木曜日

法事と落雪、そして映画

お彼岸の法要というものに参加した。

住職のお話しと読経のあとに
真打の噺家さんによる落語が予定されていることと、
そのあとに待っている、おいしい精進料理をめあてに、
この法事に参加するひとは多い。
春らしい「長屋の花見」を聞きながら、
薄めた番茶と、おしんことたくあんだけの花見を思い浮かべた。

すべて手づくりの精進料理は、
きなこのドレッシングが特に、おいしかった。
デザートのティラミスを口にしたら、
むかしむかし、アルバイトしていたケーキ屋さんを思いだした。


法事が終わって、未亡人友だちと二次会へ。
つめたい雨の中、
「落雪注意」の看板を持った人が何人もいたので不思議に思ったが
ビルの30階に上ってわかった。

ビルの30階では窓の外は吹雪いていて、
向かいのスカイツリーは展望台さえも見えず
時折雪のかたまりが川に落ちては、水しぶきを上げていた。
未亡人友だちとわかれ、さてどうしようかとぶらぶら歩いていたら
観たかった映画の時間に映画館の前にいたので、
迷わずイン。

予告の間はにぎやかに話していた若い男の子が、
話が進むにつれて黙りこむほどに、
昭和の匂いで息がつまる映画であった。

映画館を出て、なお雨脚が強くなる中
お気にいりの傘をさした。
早く一杯飲みながら映画のパンフレットを見たくて
さまよう雨のお彼岸の夜。

2018年3月20日火曜日

ドーナツより蕎麦、それより弁当

遠出する用事を思いつき、
おともにする本に
ねまちのマッチのブックカバーをかけた。
おともの本は、ドーナツの本。

ドーナツなど少しも好きではないのに、
読み進むうちに食べたくなり・・・

は、しなくて
むしょうにお蕎麦が食べたくなる。
「土俵そば」へ行くのは、
昼食どきでも夕食どきでもない、中途半端な時間がよい。
中途半端な時間だから、お酒は一本だけ。
こっそり「酒そば」をするのが、愉しい。



そうそう
お弁当ブックカバーのひとつが
さっそく旅立ったようです。
(小声で)
使いづらいこと、この上ないのに
ありがたいことです。

2018年3月12日月曜日

あなたに似たひと

ひさしぶりに行った旅先にて。

東京から遠く離れた、縁もゆかりもない場所。
そこで行った先々で、
「前にも来てくれたよね」
と言われた。

二年前に一度行ったきりのお店もあり、
目立つ髪型をしているわけでもなく、
奇抜な恰好をしているわけでもないのに、
なぜ、みなさん覚えていてくれたのだろう。

これでますます、あのまちが身近になった。
遠く離れた恋しいあのまちには、
「はとエアライン」もしくは
「こうもりエアライン」で、行くことができます。
ふだんは、必要なものさえめんどうで買わないのに
旅先では財布のひもがゆるんでしまうのは、なぜ。

旅先で見つけた
カステラ色のセーターを着て
あのまちに想いを馳せる。



そう頻繁に旅に出ることは出来ないので
「ねまちのマッチ」のブックカバーでお気に入りの本を包んで、
どこか酒場の片隅で読むとしよう。

2018年3月8日木曜日

ねまちのお弁当ブックカバー

お弁当のブックカバーのお弁当は
3種類ありまして
表紙の包みをひらくと
しょっぱくない、しゃけ
だし巻たまご
ほうれんそうのおひたし
肉だんご
しょっぱくない梅
とてもあまい、たまご焼き
しょっぱくない、しゃけ
きゅうりのぬか漬け
肉だんご
小粒でしょっぱい梅
たまご焼き
肉だんご
プチトマト
きんぴらごぼう
まめごはん


どれも
さめてもおいしい、
酒のつまみにもなる、おかずにしました。


今回のお弁当については、
ねまちの朝ごはん専門店
「おはよう!商店」さんと
ねまちの弁当専門店
「ぺろりべんとう」さんに
ご指導、ご鞭撻いただきました。

見ためはちょっとアレですが、味には自信があります。
列車での旅にぜひ!

「汽車旅の酒」だけでなく
「阿房列車」や「がむしゃら1500㎞」など、
移動自体が目的の本に、特に合いますよ。


ところで


先月連れていってもらった
秘境ツアーがあまりに強烈すぎて
だんだん
「あれは夢だったのではないか」
とも思えてきた。

でも
我が家の冷蔵庫の中には、
毎晩ちびりちびりとなめている
秘境の大将からもらった味噌が、少しだけ残っている。

2018年3月6日火曜日

あとは散るのみの沈丁花と、光頭男子

沈丁花が満開になった。
昨年花が終わったときから毎晩、監視されていたため
プレッシャーは相当なものだったと思われる。


参加しているかわらばん「深川福々」のリレーコラムに書こうと
ひそかに下書きまでして準備していた話が、やんわり却下されたもよう。
もったいないので、こちらに転記。



昔むかし
つるつる頭の殿方ばかりが、ぞろぞろ清澄庭園に向かう光景を見たという話を、
当時近くの学校に通っていた友人から聞いた。
仕立てのよさそうな背広に、七宝焼のループタイやベレー帽でおしゃれをした、
まばゆいばかりに輝く頭の殿方だけが揃って歩く姿は、それは圧巻だったそう。
なんの会合なのか、友人が用務員さんに尋ねると
つるつる頭の大会があるんだよ」とのこと。

調べてみると「東京光頭会」なる団体が、
かつて「光頭コンクール」と「ピカリンピック」という大会を、
清澄庭園大正記念館で行っていたことがわかった。
「光頭コンクール」とは、関東近県の光頭会会員が集まり、文士や名士の方々が審査員となってその年の光頭ナンバーワンを決めるというもので、
「ピカリンピック」とは、オリンピックよろしく四年に一度、全国各地の光頭会会員が一同に会し、審査員が、頭の形やつやのよさを見て、日本一光頭大賞を決めるというもの。
残念ながら、会員の高齢化等により現在では休会になっているそうだが、高松や横手などでは現在も活動は行われおり、地域によって判定方法も異なるらしい。
自慢の光頭を持つ殿方に、ぜひ復活させてもらいたいイベントだ。



「MOD BARBERこけし」スタッフの出番もない
つるつる頭の大会。
想像するだけで、ナフタリンや樟脳のにおいがただよってくる。
出場者も審査員も、
閉会後はそば屋で一杯やったんだろうな。

2018年3月5日月曜日

お弁当ブームは続くよ

本当に、なにもしていなかった。

労働と、唯一のイラスト仕事こそしていたけれど
あとは飲んで読んで寝るだけの日々。

それが、あるお誘いを受けて
突然やる気になった。
旅と、旅の本のおともに、
お弁当ブックカバーをつくりました。
表紙のお弁当の包みをひらくと・・・
お弁当!
お弁当ブームはまだ続いていた!

旅の最中におなかがすいたら
このお弁当をつまみに、ちょっと一杯。

失くしがちなしおりは
読書中は、箸袋へイン。


ちなみにこのブックカバーの中には
吉田健一「汽車旅の酒」が入っている。



甘夏書店の「本と遊ぶブックカバー・しおり展2018」

2018年3月15日(木)~3月31日(土)12~18時
東京都墨田区向島3-6-5
一軒家カフェikkA 2F
(定休日 火曜日)
※店主さんは月、金、土に在店。
この店主さんにお会いしたら、好きな本が増えます


ちなみに、お弁当はあとふたつ。
中身が微妙に異なります。


そして
忘れちゃならない、マッチ柄。
しおりはマッチ棒。(ともに紙製)

こちらは、旅というより
散歩の本や散歩のおともに、ぜひ。

2018年1月16日火曜日

やっぱり、美人

傷めた右脚のために
もうふた月ほどリハビリに通っている、近所の整骨院。

このふた月で、
担当の男の子には彼女ができて
私は人生初の事故に遭い、診てもらう箇所が増えた。


そういえば
ジャズライブから、わけもなく足が遠のいて
最近行ったライブは、まったくのジャンル違い。
「ニューねこ正」では、未亡人仲間やおじさん仲間ができて
気持ちのよい、女性のひとり客もちらほら、見かけるようになった。

このお店を好きな理由はたくさんあるけれど
酔客のほとんどが
「うまかったよ」
と声をかけて帰るところが、とてもよい。
「おいてけ堀」は、ひとりで静かに、
でも、にぎやかな中で飲みたいときに行くお店。
にぎやかだけれど、うるさくない。

「ニューねこ正」と「おいてけ堀」の共通点は、美人女将。
美人をながめながら一杯やるのは、とてもよい時間だ。
ここの女将とおんなのこも、みとれてしまうほど美人。
女将のひげがちょっと、短いけどね。